絶対に失敗しない脇脱毛マニュアル

人気記事ランキング

ホーム > 生活 > 韓国人の彼が国際結婚手続きについて調べた

韓国人の彼が国際結婚手続きについて調べた

韓国の国際結婚手続きが日本と違う点は、数年前に戸籍制度が廃止されたことから来ます。

国際結婚手続きは、2つの国での手続きが必要であり、その手順においては、結婚した相手の国籍によって異なります。
通常、相手の国に住む可能性がある、もしくは居住する予定の場合、パートナーの国で国際結婚手続きを行います。

韓国の国際結婚手続きは、戸籍制度があった数年前までは、ほとんど日本と同じであったのです。

国によっては、婚姻届が受理されるのに数ヶ月を要する場合もあるのです。受理されたら、その書類を持って日本大使館に
届け出をすれば良いのです。

日本にしか住む予定が無い場合は、日本で先に手続きしてもかまいません。実は世界には戸籍の無い国が多々存在するのです。
日本では、戸籍があるので既婚の場合はすぐに分かりますが、諸外国では重婚になってしまうこともあるため、相手の国に居住
する場合は、先にそちらで手続きを行うのです。

国際結婚手続き 韓国で気をつけるとすれば、戸籍制度の廃止からくる書類の相違と、婚姻年齢でしょう。