絶対に失敗しない脇脱毛マニュアル

人気記事ランキング

ホーム > > セロトニンっていう脳内物質が多いほうが、ポジティブな考え方ができるようなんです

セロトニンっていう脳内物質が多いほうが、ポジティブな考え方ができるようなんです

私自身の事であれば、仕事のやり方とかが変わった気がします。そうですね、以前より結果をそんなに急がないというか、粘り強くできるようになった気がします。私の場合はダンスをしているんですけれども、習いに行くのは週に2回とか3回なんですよね。あとは毎日ストレッチをやっています。最初はできなくても当たり前で、自分のできるようなことだけをちゃんとやっていこうとしていくと、少しずつ、ストレッチもそうですし、ダンスもできるようになるんですね。なので、仕事でも、現状をとりあえず理解して、それから先にどういう風に進んでいくかとか、簡単に諦めずにきちんとやり続ければできるようになることも多いと思います。そのようなことを、なんとなく体で理解するようになってきたと思います。

 

今のネガティブな面が改善されるとすれば運動してみたいと思いますか?

そうですね、なんかセロトニンっていう脳内物質が多いほうが、ポジティブな考え方ができるようなんですよね。

 

 

 

慶応進学会フロンティアのtwitter