絶対に失敗しない脇脱毛マニュアル

人気記事ランキング

ホーム > > 膝の痛みに効くとされる漢方薬

膝の痛みに効くとされる漢方薬

膝の痛みの治療に使われる漢方薬に独活寄生湯というものがあります。これは652年に中国で作られた16種類の生薬が配合されたものです。この薬の長所は副作用が少なく、膝の痛みなどをはじめ、痛みに対して高い効果を発揮します。また、他の栄養補助食品と併用することができます。独活寄生湯に含まれるウドの根茎とヤドリギは血行を促進し、水分代謝を良くする働きがあります。そのため、膝のまわりの血行が良くなり、膝に栄養を行きわたりやすくします。また、牛膝や杜仲と呼ばれる漢方を併用することにより、筋肉やすり減った軟骨を補修することができます。そして膝の痛みを根本的に改善します。慢性的な痛みには独活寄生湯が使用されますが、打撲やねんざなど急性的な膝の痛みを癒すものもあります。疏経活血湯といわれるもので、血流を改善する作用が強く、膝の筋肉に血流を集めて痛みを緩和していきます。これらの漢方薬は食前や食間に一回9丸ほど、一日2回服用します。

こちらで膝の痛み についても今後詳しく書いています。